マウスモデルカタログ
遺伝子改変ラットのワンストップソリューション Creラットの無料試用
Creラットの無料試用申請:
*必須
* キャンペーンの内容に関する法解釈は弊社に属する。
ご不明な点がございましたら、03-6304-1096もしくはservice@cyagen.jpまでのお問い合わせください。

マウスと比べ、ラットは生理的な特徴、形態と遺伝子がより人類に近いため、ラットモデルは生物学と臨床研究での理想モデルと言われます。同時に、ラットは大きい体と臓器がもち、数回のサンプリング、及び電気生理学、神経外科と影像学を操作しやすいです。そのため、ラットは毒性学、奇形、内分泌学、臨床腫瘍学、神経病学、実験老年学、心血管研究、歯学研究と実験寄生虫学に広く用いられています。

サイヤジェン株式会社は過排卵ラットの低い胚胎受精率と高い胚胎奇形率、卵細胞と個体との間の大きい差異、より厚くて弾力のある核膜と細胞膜による注射困難などのいくつの点に対して、生産過程の各部分を最適化し、いくつかの技術難関を突破し続け、複雑な遺伝子組換ラットモデルを構築できます。またラットの生産コストを抑え、それをマウスモデルの生産コストと同じく安くさせます。サイヤジェン株式会社はノックアウト、点突然変異、ノックインなどの多種類の遺伝子編集ラットやSD、Wistar、Long Evans、F344、Brown Norwayラットなどの多種類の品系を提供し、研究者様がより良いラットモデルを作製できるよう、全力を尽くして取り組んで参ります。

サイヤジェン株式会社Creラットプラットフォーム

研究者様がコンディショナルノックアウト(cKO)とコンディショナルノックイン(cKI)ラットモデルを開発する時、1つの主な制限は目標標的に対するCre品系の不足です。ラットに関する設備が高いため、任意の品系のCre-loxラットの作製もすぐコストまたはスペース制限に直面します。

この問題を解決するために、サイヤジェンがCreモデルライブラリを設立しています。各種類のラット品系が含まれ、全世界の研究者様にご提供いたします。

既存のCreラット品系:

alb (Cre Ert2) myh6 (Cre Ert2) slc6a3 (Cre Ert2) camk2a (Cre Ert2) nphs2 (Cre Ert2)
alb (Cre) myh6 (Cre) slc6a3 (Cre) camk2a (Cre) nphs2 (Cre)
gfap (Cre) gfap (Cre Ert2) nes (Cre) nes (Cre Ert2)

コメント:表示されるCreラットモデルの以外、他の品系のラットモデルが必要なら、03-6304-1096service@cyagen.jpでお問い合わせください。カスタマイズ見積もりをご取得いただけます。

左側のフォームを記入されると、Creラットが無料試用いただけます。

Creでウイルス解決方案

Creラットはコンディショナル遺伝子編集で得たLoxPラットと交配し2世代分を経る必要があることを考慮し、また、Cre酵素に効率とある程度の漏れの問題があり、研究の進捗に影響を与える可能性があります。それで、現在の最善案はCreとLoxPラットを開発するとともに、AAVウイルスを利用して既存のラットに対して組織特異的な操作を先行に行うことです。ウイルスベクターの構築時間は常に動物を実験に使える数まで繁殖する時間よりずっと短いです。この方法を使用して動物の表現型を早く研究して検証し、次の研究戦略と方向を早く決め、研究者様の貴重な時間を節約することができます。

AAV注射による特異性発現はただ時間を節約するだけではありません。生命科学研究における体内実験の不確実性と開発された益々豊富な研究手段のため、研究結果が認められるようになるには、様々な方法の交差検証も自分の論文の品質に分銅を増やすことができます。

DPYSL2 Is a Novel Regulator for Neural Stem Cell Differentiation in Rats: Revealed by Panax Notoginseng Saponin Administration.
Stem Cell Research & Therapy (2020) PMID: 32299503
A xenograft and cell line model of SDH-deficient pheochromocytoma derived from Sdhb+/- rats.
Endocr Relat Cancer 2020 (2020) PMID: 32252027
Mutation in NPPA causes atrial fibrillation by activating inflammation and cardiac fibrosis in a knock-in rat model.
Faseb Journal (2019) PMID: 31034774
Hypoglycemic Effects of Glimepiride in Sulfonylurea Receptor Deficient Rat.
British Journal of Pharmacology (2018) PMID: 30471094

詳細はこちら >>