1. ホーム
  2. コミュニティ
  3. 販売促進
  4. 免疫腫瘍学の研究を加速します

一種の治療法として、免疫治療法は患者らに希望を与え、医薬開発者に利益を与えました。しかしながら、どのように最適な実験免疫治療法モデルを選ぶかは、依然として免疫腫瘍医薬を最適化してもっとよい治療法を開発する方法などの難題の主な障害です。

疾患動物モデルは人類の疾患発生発展メカニズムの研究、薬物選別及び治療効果評価に不可欠なツールであり、良い疾患動物モデルは新薬の開発を加速することができます。研究者様が欧米先進国の高品質の疾患動物モデルを迅速に入手されるのを助けるために、サイヤジェン株式会社は欧米業界のトップと協力しながら積極的に海外の高品質モデルを導入しています。サイヤジェン株式会社は自主研究と導入を結合することにより、がん、免疫、内分泌、心血管、神経及び伝染病などの方向に奉仕する薬物研究開発の動物プラットフォームを設立し、研究者様、CRO機構及び新薬研究開発機構に国際一流の動物モデルをより便利に使用させ、研究進展を加速させたいと願っています。

右側のフォームを記入してモデルを注文する >>

免疫不全マウスは先天的遺伝性突然変異または人工により、1種或いは多種の免疫成分(B細胞、T細胞、NK細胞等)に欠陥或いは欠失を作製するマウスである。遺伝子編集技術の発展に伴い、益々多くの免疫不全マウスが開発され、免疫学、伝染病学、腫瘍学、幹細胞生物学等の研究分野において日増しに重要な役割を果たす。

Cyagenは研究者様の免疫治療法の開発とテストのために、免疫不全マウスモデルを提供します。

カテゴリ 品系名 背景 予約注文
免疫不全マウス NOD-SCID NOD
C-NKG NOD/Shi-Scid
BRGSF BALB/c
BRGSF-HLA A2 /
ヒト免疫系再構築 マウス BRGSF-HIS /

重度免疫不全マウスはT、B、NK免疫細胞の欠乏により、ヒト化マウスの作製に広く応用されている。よく使われる品系はNOG、NSG、BRGSなどである。無毛マウス、SCIDマウス及びNOD-scidマウスと比べ、NOGとNSGは人体組織によりよく植え付けられるが。

>> 免疫不全マウスの詳細については、ここをクリックしてください。

動物モデルは前臨床抗腫瘍薬物評価システムで重要な役割を果たしている。しかし、一般的な動物モデルは患者の腫瘍のミクロ環境をうまく模擬できない。特に免疫治療の トランスフォーメーション研究に大きな制限がある。したがって、ヒト免疫系を持つ動物モデルを作製し、関連するトランスフォーメーション研究を行う必要がある。免疫系ヒト化マウスモデルとは、免疫不全マウスの体内に人間の造血細胞、リンパ細胞または組織を移植し、人間の免疫機能を持つマウスモデルを指す。ヒト免疫系環境での腫瘍の成長状況を研究し、抗腫瘍治療、特に免疫治療効果及び関連する作用メカニズムを評価するのに用いられる。

BRGSF-HIS品系は現在市場で機能が一番全面的なヒト免疫系再構築マウスモデルである。このモデルは人体の免疫機能の調整に関するターゲットバイオ医薬品を評価するのに非常に効率よくて信頼できる研究プラットフォームを提供した。

>> ヒト免疫系再構築マウス(BRGSF-HIS)の詳細については、ここをクリックしてください。

リンパ細胞の活性化は多重信号が参加する過程である。免疫システムは自己免疫攻撃の防止と腫瘍の除去との間に最適なバランスを維持する必要がある。このバランスは一連の刺激と抑制性受容体リガンドにより調整されている。これらの細かいバランスコントロールに参与するリガンドと受容体の通路は免疫チェックポイントである。免疫チェックポイント抑制剤は対応する免疫チェックポイントに対して開発された抗体薬物で、主に共抑制性T細胞のシグナル伝達を破壊することにより抗腫瘍免疫応答を再活性化する。

普通のマウスの免疫チェックポイント遺伝子と対応するヒトの遺伝子はアミノ酸配列での同源性が普通60%ぐらいである。そのため、一般的にヒト免疫チェックポイントタンパク質を識別する抗体は、マウスの該当するタンパク質を識別できない。マウスの免疫チェックポイント遺伝子に対してヒト化改造を行う必要がある。

Cyagenは研究者様の免疫治療法の開発とテストのために、ヒト化免疫チェックポイントマウスモデルを提供します。

カテゴリ 品系名 背景 予約注文
シングル免疫チェックポイントヒト化マウス hPD-1 C57BL/6N
hCTLA-4 C57BL/6N
hGITR C57BL/6N
hVISTA C57BL/6N
hOX40 C57BL/6N
hCD28 C57BL/6N
hCD39 C57BL/6N
BALB/c
ダブル免疫チェックポイントヒト化マウス hPD-1 & hVISTA C57BL/6N
hPD-1 & hCTLA-4 C57BL/6N
hCTLA-4/hLAG3 C57BL/6N
hPD-1/hTIM3 C57BL/6N
ヒト化免疫チェックポイントマウスモデルの主な特徴
  • ヒト免疫チェックポイントにターゲットする医薬を効果的に評価する
  • surrogate抗体の研究開発は不要である
  • 同種腫瘍移植モデル(syngeneic mouse model)を作製できる
  • PBMC/HSCヒト化マウスモデルと比べ、コストと研究資源を大幅に省き、同時に高効率に信頼できる実験データを獲得する。
ヒト化免疫チェックポイントマウスモデルの応用

医薬の免疫健全マウス体内での有効性及び安全性を評価するのに用いる。

  • ● ヒト化腫瘍細胞系と併用
    例えば、MC38-hPD-L1腫瘍細胞系と併用して同族腫瘍モデルを構築して、hPD-1とhPD-L1にターゲットする混合治療法の効果をテストする。
  • ● 他の免疫チェックポイントヒト化マウスと交配
    例えば、hVISTAマウスと交配して、取得したダブルヒト化hPD−1/hVISTAマウスモデルでhPD−1と/或いはhVISTAにターゲットする2つの医薬を評価することができる。
>> 免疫チェックポイントヒト化マウスの詳細については、ここをクリックしてください。

世界トップレベルの遺伝子工学ラット・マウスモデルのサプライヤーとして、Cyagenの医薬研究開発製品ラインは癌、免疫、内分泌学、心臓血管学、神経病学、伝染病学等の分野の医薬評価とスクリーニングにサービスを提供します。現在、研究進展を加速するために、弊社は科学研究者、CRO機構と医薬企業に多種類のヒト化マウスモデルを提供します。

● アレルギー性の炎症反応に用いるマウス
カテゴリ 品系 背景 予約注文
アレルギー性の炎症反応に用いるマウス hCD4 C57BL/6J
hIgE/hFcεR1 BALB/c
hTNF-α C57BL/6J
>> アレルギー性の炎症反応に用いるマウスの詳細については、ここをクリックしてください。
● PK/PD研究用マウス
カテゴリ 品系 背景 予約注文
PK/PD研究用マウス hFcRn/hSA - AlbuMusTM C57BL/6N
>> PK/PD研究用マウスの詳細については、ここをクリックしてください。
● レポーターマウス
カテゴリ 品系 背景 予約注文
レポーターマウス IL-4-IRES-eGFP (4get) BALB/c
Foxp3-IRES-mRFP (FIR) C57BL/6J
hGITR/Foxp3 C57BL/6N × C57BL/6J
>> レポーターマウスの詳細については、ここをクリックしてください。
技術記事
サイヤジェン株式会社について

サイヤジェン株式会社は総合的なサプライヤーとして、系統豊富なノックアウトマウスライブラリ、高効率でインテリジェント化したモデル動物カスタマイズ作製プラットフォーム、薬物選別評価マウスモデルプラットフォーム、小動物表現型分析のワンストッププラットフォーム、無菌マウスワンストッププラットフォーム及び先進的な細胞技術サービスプラットフォームに基づいて、革新的なCROサービスプラットフォームを設立し、腫瘍、免疫、代謝、内分泌、心血管、神経及び伝染病などの分野の科学研究と薬物開発選別に奉仕します。世界100ヵ国以上の数万人の科学者及び企業事業と幅広い協力を結び、製品と技術は直接にCNS(Cell, Nature, Science)などのジャーナルを含む4,800余りの学術論文に使用されました。

系統豊富なノックアウトマウスライブラリ
● 16,000種以上のKO/cKO系統マウスを所有
● 3,000系統の生体ノックアウトマウス、2週間で納品可能
遺伝子名称を入力すると、弊社の在庫情報と見積もりが入手できます >>
高効率でインテリジェント化したモデル動物カスタマイズプラットフォーム
● TurboKnockout®ー最も早い遺伝子ターゲティング技術
● CRISPR-Proー短納期、高効率
● トランスジェニックマウス
● カスタムラットモデル
詳細はこちら >>
薬物選別評価マウスモデルプラットフォーム
● 免疫不全マウス
● 免疫検査ポイントヒト化マウス
● 腫瘍組織移植モデルと疾患モデル
詳細はこちら >>
動物モデルサポートサービス
● 代行繁殖
● 繁殖拡大加速化
● 凍結保存
● 小動物手術疾患モデル
● ラット・マウスの表現型解析につき
詳細はこちら >>
マウスモデルカタログ