BALB/c nude (ヘアレスマウス)

バックグラウンド:BALB/c

 

系統の説明:

  • 近交系マウス。
  • Foxn1の突然変異によってマウスの毛が正常に成長できなく、胸腺上皮の発育も不完全である。
  • 成熟したTリンパ球を欠けている。

 

表現型:

●  ホモ突然変異マウス(sp/sp)は胸腺と毛がない。T細胞が機能を失っているため、胸腺のないマウスは同種と異種移植片を排除しない。

●  ヘテロ突然変異マウス(sp/wt)は毛がある。ヘテロ突然変異ヘアレスマウスは最初に正常な免疫システムがあると認められたが、実際に骨髓幹細胞減少、胸腺重量減少などの免疫学上の変化がある。そのため、ヘテロヘアレスマウスは観察用マウスに向いていない。薬物動力学と薬効動力学の研究に用いれらる。

 

研究応用:

  • 同種と異種移植モデルである。腫瘍細胞の増殖、浸潤、遊走の潜在力、及び抗がん療法の効果を評価するのに用いられる。
  • 免疫と遺伝の研究。
  • ウイルス、細菌、寄生虫の感染メカニズムの研究。
  • 皮膚病、微生物学の研究。
  • 内分泌と老人医学における応用。

 

表現型の検証:

  • CDXモデル

Figure 1. Kinetics of Tumor growth and body weight in mice bearing HGC-27 gastric carcinoma. 5×106 or 1×107 HGC-27 human gastric carcinoma cells were injected subcutaneously into BALB/c nude mice. Tumor volume (Figure A) and body weight (Figure B) were measured at different time points.

 


ビジネス・開発・コラボレーションの機会については、お問い合わせください

ユーザー名は必要です

Institution/Affiliation can not be empty

ユーザーのメールアドレスは必要です

有効なメールアドレスを入力してください

The content can not be empty

The content can not be empty

マウスモデルカタログ