CRISPR/Cas9特許紛争が絶えず、悪影響に及ぼさらない対策とは

CRISPR/Cas9編集技術を巡る特許紛争は珍しい案件です。長年続いたCRISPR特許巡りは主にブロード研究所の張鋒(Feng Zhang)教授とカリフォルニア大学バークレー校のジェニファー・ダウドナ教授の間で展開された紛争です。多くの人はCRISPR特許紛争をこの2つの研究チームの問題だと考えているようです。実際、この特許紛争は想像以上に複雑問題です。

 

米国の特許紛争

ブロード研究所は真核細胞におけるCRISPR技術の使用権取得

米国の特許紛争

 

長年続いたCRISPR特許巡りは米ブロード研究所とカリフォルニア大学バークレー校のダウドナ教授の間で行われたです。CRISPR特許は、カリフォルニア大学バークレー校が先に出願したが、ブロード研究所が一足先に、真核細CRISPR/Cas9遺伝子編集技術の特許取得したのが、この技術は最も有用な応用分野です。カリフォルニア大学側が2017年4月にこの判決に対し控訴し、彼らのオリジナルの応用範囲は細菌の遺伝子編集に限らず、すべての細胞、植物、動物、人間を含めると語りました。2018年9月、合衆国控訴裁判所は、米国特許裁判と上訴委員会の判決を維持するとの決定でした。ブロード研究所は、CRISPR遺伝子を用いた真核生物の編集に関する知的財産権を保有し続けとの判決でした。

 

ヨーロッパにおける特許紛争における多国間問題

カリフォルニア大学は、原核と真核細胞CRISPR遺伝子編集技術- 特許及びライセンスを取得

ヨーロッパにおける特許紛争における多国間問題

 

発明者は同一の発明について複数の国で特許出願等を行うのは普通なことです。米国CRISPR技術の主な開発者の中には、カリフォルニア大学バークレー校やブロード研究所が同時に海外で特許を出願していることは肝心な特許権者として大きな影響を与えるためだ。しかし、米国の特許権判決は、他の地域の特許権を代表するものにならないです。

 

中国国家知的財産権局(SIPO)は、カリフォルニア大学バークレー校の研究チームに、原核生物と真核生物におけるCRISPR遺伝子編集の特許権を与えました。欧州特許庁(EPO)も、カリフォルニア大学の広く特許を承認しました。しかし、ブロード研究所の欧州での運命は、米国とは全く違いました。欧州特許庁は2018年1月17日午前、ブロード研究所の特許を完全に廃棄しました。欧州特許庁にこの基礎特許の廃止を決定された後、ブロード研究所は欧州でCRISPR遺伝子編集技術に関する知的財産権の主な地位を失いました。

 

メルクーCRISPR特許戦場のダークホース

メルクーCRISPR特許戦場のダークホース

 

創英国際特許法律事務所のCatherine Coombes特許弁護士は、「CRISPR特許は2つの研究チームの問題だと考える人が多いようだが、実際、この特許紛争は想像以上に複雑です。」と言います。

 

Coombes 氏は、ヨーロッパでは「勝者総取り方式」は現実的に難しいことと語りました。Millipore Sigma氏(メルクグループの生命科学事業部)は,EPOへのCRISPR訴訟を早期に提起した6者のうちの1人です。「ヨーロッパでは、6人の初期プレイヤーが実質的にオーバーラップする権利を持つ可能性が高い」とCoombes氏と語った。

 

2017年7月27日、欧州特許庁はメルクに真核細胞におけるCRISPR編集特許の使用権を承認する予定と発表しました。製薬と化学工業の大手ドイツのメルクは、既にCRISPR特許争いの欧州戦線における新たな猛者となった。2019年8月19日までメルク(株)が取得済み全世界のCRISPR特許総数は20件に達しました。メルク(株)は欧州、イスラエル、英国、韓国のほか、米国、カナダ、オーストラリア、中国、シンガポールなどで、CRISPR関連の特許を保有しています。

 

メルク(株)は中国での特許は染色体への組込、或いは真核細胞(例えば哺乳類と植物細胞)の染色体配列を切断し、CRISPRを採用し外部或いはドナーDNA配列を真核細胞に移植します。科学者たちは疾病関連の突然変異を有益または有用な配列で代替することができ、この方法は疾病モデルと遺伝子治療法の開発に非常に重要です。

 

CRISPR技術は商用であり特許のライセンスが完全にリスクを避けるかどうか

CRISPR技術は商用であり、特許のライセンスが完全にリスクを避けるかどうか

 

この特許権争いは,アカデミアに特に影響なく、この成果によって利益を得ることをしない限り、,妨げられることなく技術を使用することができました。企業の場合、ライセンスの費用が高く、特に小規模の会社の場合、CRISPR特許のすべてのライセンスを取得するのに十分な財力を持つことは困難です。「ビジネス用に開発しようとする人たちは、挑戦的な特許権争いの中にいることに気づいたことです。一部の企業は、損失を防ぐために、ブロード研究所とカリフォルニア大学バークレー校から同時に特許を取得しようとしている」と、デューク大学革新政策法律センター教授のアルティライ氏は次のように述べました。メルク社が特許請求権の「保護料」の列に加わると、世界的にCRISPR特許の影響を受ける機関は数え切れないほど多いです。

 

ビジネス開発の分野で特許リスクを回避するとは

ビジネス開発の分野で特許リスクを回避するとは

 

今まで、CRISPR特許をめぐる問題は依然として、CRISPRの核心特許をめぐる権利争いだけ決着がつかず、また、核心特許に基づいて既に数千件の応用特許が延伸されています。何千ものCRISPR特許を直面している中、いかなる企業がすべての特許許可を得ることは困難です。ブロード研究所、カリフォルニア大学、そしてメルクのライセンスをすべて取得したとしても、CRISPRの特許リスクを完全に回避することは難しいです。

 

薬物開発分野において、CRISPR技術の応用が最も頻繁な領域は動物モデルの作製です。現在、動物モデルの主な遺伝子編集技術はCRISPR/Cas9技術とES細胞ターゲティング技術に分類されています。CRISPR技術は高効率、迅速、簡便、コストが安く、異なる種に応用できるなどの利点があるが、予測不可能と制御不可能なオフターゲットリスクが常にあり、複雑な遺伝子改造プロジェクトには適用できないことです。ES細胞ターゲティング技術はオフターゲット効果がなく、各種の複雑な遺伝子を改造も対応出来ます。そして、何の特許にも妨害されません。周期が長いのがデメリットですが、近年企業の改良の試みもあるアップデートのES細胞ターゲティング技術は既に構築周期を1年から半年に短縮でき、CRISPRとほぼ同じ周期で作製でき、コストも共に下がって来ました。

 

CRISPR特許権が誰に所有されることは多くの不確実性があります。法律的な議論に巻き込まれることリスクがあります。ビジネス用や特許紛争を気にする機関にとって、知的財産権紛争のリスクを完全に回避するためには、ES細胞ターゲティング技術を選択することが依然として最も妥当な方法です。

 

TurboKnockout

 

TurboKnockout遺伝子ターゲティングは従来のES細胞を用いた技術より成熟さ、より正確さ、より安定効果です。作製期間は2世代分の繁殖を削減でき、更に各種の複雑な遺伝子ノックアウトモデルを実現可能です。遺伝子の組換え応用技術としてヒト化マウスもご提供可能です。コンディショナルノックインマウス、ヒト化マウス、ゲノムの編集などをご希望があれば、ぜひTurboKnockoutをご検討下さい!

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    内容は必要です