マウスモデルカタログ

なぜヒト化マウスモデルを作製するのか?ヒト化マウスモデルの発展歴史は?

ヒト遺伝子をマウス遺伝子に直接配置、またはヒト細胞や組織を免疫不全マウスに移植することでヒト化マウスモデルは作られる。ヒト化マウスモデルは人の疾患を研究する重要な前臨床動物実験モデルとなっている。

 

人の細胞や組織を直接に利用する研究は論理的・倫理的に制約があるため、動物モデルが人類生物学研究の代替的な選択肢となる。マウスは体積が小さく、飼育が容易で繁殖周期が短く、ヒトとゲノムや生理学的な点で似た特徴を持っており、更に、確立された遺伝子編集方法が既にあり、広く使用されている哺乳動物モデル系統となった。 

 

マウスモデルの研究は基礎生物学的分野で大量の成果を上げているが、実は人の生物学的な側面を明らかにするには限界がある。特に免疫系統は、マウスとヒトでは生まれつき持つ免疫分子に多くの違いがある。例えば、マウスは機能性TLR10を欠けているが、マウス体内で発現するTLR11、 TLR12 とTLR13は人類体内にない。

 

また、多くの人発病因子と薬物に特異性がある。ある病原体が引き起こす免疫反応特性と発病過程は人の細胞だけに対して、マウスの感染病原体ではない。これらの問題や要因の存在により、マウスモデルが人類生物学システムなどの研究の信頼性や有効なツールとして本格的に解明できるようになることが制限されている。

 

このため、有効なヒト化マウスモデルを作製して、人の特異性感染病原体、がん生物学および免疫治療を研究する前臨床モデルとすることは、ますます重要な役割を果たす。また、ヒト化マウスはトランスフォーメーション医学モデルとして、再生医学、移植、免疫学などの生物学研究における需要も増えている。

 

初期のヒト化マウスモデルは通常人の細胞や組織を免疫不全マウスに移植することによって作製された。最初のヒト化マウスモデルは、1962年に胸腺のない無毛マウスに遡り、そして1983年にPrkdc遺伝子をノックアウトしたSCIDマウスと1995年にNOD-SCIDマウスである。しかし、免疫不全マウス応用の本格的な突発的な進展は2000年の初期に発生し、元の免疫不全マウス(NOD-SCIDなど)を基づいて、IL2受容体のガンマ(γ)共用チェーン(IL2rg)をノックアウトすることによって、新型の免疫不全IL2rgマウスを成功に開発した。この共用γチェーンは、多くのサイトカイン(例えば、IL2、IL4、IL7、IL9、IL15、IL21)受容体の重要な構成部分を含むので、IL2rgはこれらのサイトカインの高い親和性結合と信号伝達に不可欠な成分である。したがって、NOD/SCID突然変異或いはRag1/Rag2突然変異を基づいて、マウスのIL2rg構造部分をノックアウトして作製した免疫不全IL2rgマウスは、先天的免疫(NK細胞がない)と獲得免疫とも著しく欠けているという特徴がある。

 

現在、広く使われている免疫不全IL2rgマウスは3種類あり:1. 2002年に日本CIEAが開発したNOG(NOD Shi. Cg-Prkdc IL2rg)、2. 2005年にJAXが開発したNSG(NOD. Cg-Prkdc IL2rg)、3. 2004年に日本CIEAのBRG(BALB/c-Rag2 IL2rg)。NOGマウスにはγ鎖のセルパルプを短くする部分が含まれ、この部分はサイトカインと結合することができるが、信号ドメインの部分がないため、信号伝達機能がない。NSGとBRGマウスはγ鎖が完全に欠けている。従来のヒト化マウス(NOD-SCID等)と比べ、ヒトの細胞や組織、免疫系をマウスに移植した後、こんなヒト化マウス体内での生物学的反応は、人体内の生物学的現象をよりリアルに反応することができる。

 

関連記事:

ヒト化マウスモデルの人類疾患研究における応用

ヒト化マウスを作製するのは何故?

 

近年、サイヤジェン株式会社は免疫不全マウスを深く研究し、関連する品系も設立しており、医学生物学の研究に広く使われています。

重度免疫不全マウス(BRGSF)

ヒト免疫系再建マウス(BRGSF-HIS Mouse)

単免疫チェックポイントヒト化マウス

ダブル免疫チェックポイントヒト化マウス

アレルギー性の炎症反応に用いるヒト化マウス

レポーターマウス

PK/PD研究用ヒト化マウス

重度免疫不全マウス(C-NKG)

 

なぜサイヤジェン株式会社の薬物選別評価マウスモデルを選択しますか?

  1. 疾患モデルを精選し導入して、または自主研究することにより、多くの研究分野をカバーします:サイヤジェン株式会社は欧米科学研究業界の第一選択のサプライアーと緊密協力し、導入と自主研究を通じて疾患モデルマウス製品ラインを設立し、がん、免疫、内分泌、心血管、神経、伝染病などの方向の薬物開発と選別に奉仕します。
  2. モデルの知的財産権は明確で保障されます:サイヤジェン株式会社が提供する心血管疾患、免疫学、腫瘍学、神経生物学など多くの疾患動物モデルは完全で自主的な知的財産権を持っています。明確で独立的な知的財産権は新薬開発プロジェクトにとって、成功申請に不可欠な保障です。
  3. モデル遺伝の背景は明確です:販売するモデルは遺伝的背景が明確で、ソースが溯られます。研究成果の再現性を確保できます。
  4. モデルは業界指導者及び文献で共同検証しました:サイヤジェン株式会社のサービス及び製品は何回もCell、Nature、Science、PNAS等の定期刊に引用されました。genOwayシリーズの免疫検査ポイントマウスモデルと重度免疫不全モデルはgenOwayとそのパートナー(免疫腫瘍学と免疫療法分野の指導者で、大手製薬会社、生物技術会社及び研究機関などを含む)が共同で検証されました。
  5. 専門的な技術サポート:サイヤジェン株式会社の専門的なプロジェクト管理チームはお好みやプロジェクトのニーズに応じて、速度、品質と価格のバランスを調整し、心を込めて実験方案を設計します。同時にタイムリーなプロジェクト報告とアフターサービスを提供致します。 

 

サイヤジェン株式会社について

サイヤジェン株式会社は15年間の発展を経て、すでに全世界の数万人の科学研究者にサービスを提供しており、製品と技術はすでに直接にCNS (Cell、Nature、Science)の定期刊を含む4,300余りの学術論文に応用されています。弊社の「ノックアウトマウスライブラリ」は低価格だけでなく、「遺伝子ID」を検索すれば、ワンクリックで注文まで操作できます。 ノックアウトマウスノックインマウスコンディショナルノックアウトマウスCRISPR Cas9 ノックアウトマウスのカスタマイズサービスを提供する以外、サイヤジェン株式会社は専門的な手術疾患モデルチームがあり、多種の複雑な小動物手術疾患モデルを提供できます。国際レベルで無菌マウス技術プラットフォームは無菌マウス、無菌動物カスタマイズサービス、微生物移植サービスなどの無菌動物モデルに基づいた各種製品とサービスを提供でき、サイヤジェン株式会社の成熟で安定なトランスジェニックマウスプラットフォームと結合し、遺伝子とフローラの相互作用機序を研究することもできます。

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan) 
アジア営業部 
TEL:03-6304-1096 
Email: service@cyagen.jp
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    私たちについて必要

    *

    内容は必要です