マウスモデルカタログ

CRISPR/Cas9とES細胞はどっちが良い?どっちのほうが最適ですか?

近年では、生物医薬技術の急速な発展に伴い、分子標的薬物、免疫療法、遺伝子治療などのカスタム治療法は生物薬革新の主な方向になり、これには遺伝子組換え技術の発展に欠かせない技術になります。1年前の特許権の紛争から,遺伝子組換え会社Editas Medicineのヒトゲノム編集の臨床実験がFDAの承認を得たから,遺伝子組換え技術の発展が期待されています。

 

現在、動物モデル遺伝子組換えは大きく2種に分けられて、ES細胞ターゲット技術とCRISPR/Cas9技術である。種類により、遺伝子ノックアウト、遺伝子ノックインとヒト化、点突然変異に分け、はっきり言えば遺伝子のプラス、マイナス、入れ替えである。2つの技術はどちらが優れてどちらが劣っているか?遺伝子組換えマウスを必要に応じてどのように最適な選択する?以下の通りに紹介します。

 

1、2つの技術のメリットとデメリットにつき

ESターゲットはマウスの胚胎幹細胞の中でDNA同源組換えを行い、ES細胞を再び嚢胚腔に注射してキメラ胚胎を形成し、偽妊娠マウスの体内でキメラマウスに発育する。キメラマウスはさらに野生型マウスと交配し,ES細胞中の遺伝データを子孫マウスに伝え、その長所はオフターゲット効果の影響なしであり、各種の複雑な遺伝子組換えを行うことが可能、業界のゴールドスタンダードである。デメリットは効率低め、時間がかかり、コストが高く、しかもマウスにだけ対応する。近年,企業による改善案も練り,サイバネティックバイオテクノロジーによるESターゲットの改善TurboKnockout® 技術は,構築周期を1年から半年間に短縮し,CRISPRとほぼ同等にし,コストも低減しています。

 

現在最も人気度が高いのは広く応用されているCRISPR/Cas9技術です。Cas9タンパク質とガイドRNAをコアとして構成されている。Cas9はアミノ末端のRuvCとタンパク質の中のHNHの2つの活性部位を含み、crRNAの成熟と2本DNA切断し、DNAが断裂した後、核内に同時に損傷DNAと同源のDNA断片が存在する場合、同源を介する2本鎖DNA修復により、目的部位に外源DNAに大きなフラグメントの導入でき、ノックアウトの効果を達成する可能です。そのメリットは、高効率、迅速、簡便、低コスト、かつ異なる種類に利用する可能ですで。短所は予測不可能と制御不能の標的を脱落リスクがあり、複雑な遺伝子改善プロジェクトには適用できないと検証された。全ゲノムオフターゲットリスクにより予測と一定程度以上の防止ができる、専門性が高め科学研究をし、やはりオフターゲットの問題に解決しなければならない。

技術名

CRISPR/Cas9

従来のES細胞

TurboKnockout®

難易度

簡単

複雑

複雑

価格

低価格

高額

普通

作製期間

4-6ヶ月間

10-12ヶ月間

6ヶ月

オフターゲット影響

可能性があり

なし

なし

対応する動物

制限なし

マウスに対応

マウスに対応

特許権のリスク

あり

なし

なし

対応する遺伝子

複雑な遺伝子対応難しい

複雑な遺伝子組換え可能

複雑な遺伝子組換え可能

 

サイヤジェン株式会社が既に発表した3,600編の文献の分析によると、2つの技術でコンベンショナルノックアウトマウス作製し、2回標的が必要あり、ヒト化マウス、点突然異変マウスとKO—firstモデルなど複雑な遺伝子の中を比較し、その結果により、複雑な遺伝子組換えでTurboKnockout® 技術はCRISPR/Cas9の6.4倍多く応用でき、複雑な項目は論文誌にも影響されます。

 

2、どんな技術が研究の知的財産権に影響されますか?

現在に至るまで、CRISPR特許をめぐる問題は依然として深刻で問題、CRISPRの特許をめぐるだけではなく、他の核心特許に基づいて、すでに数千件の特許が開発されている。何千ものCRISPR特許を前にして、いかなる部門または企業もすべての特許の許可を得ることは困難である。ボーダー研究所、カリフォルニア大学、およびメルクからのライセンスをすべて取得しても、CRISPR特許のリスクを完全に回避することは困難であり、CRISPR知的財産権紛争問題は、研究後の市場化に悪影響を及ぼす可能性がある。商用や特許紛争を気にする研究機関机関にとって、知的財産権紛争のリスクを完全に回避するためには、ES細胞ターゲット技術を選択することが依然として最も穏当な方法である。

 

3どのようにニーズに対応、遺伝子組換え最適な的マウスとは?

CRISPR/Cas9は制限がなく、操作が簡単、コストが低く、周期が短め、通常の遺伝子ノックアウトマウス、遺伝子ノックインマウス、その他のモデル構築にCRISPR/Cas9技術と提案した。しかし、複雑なマウスモデル構築には、ESターゲット技術に基づいたTurboKnockout® 技術を推薦されています。

 

ESターゲット技術は様々な複雑な遺伝子組換えを行うこと可能です。しかも正確にターゲットを除去することができ、例えば、2回ターゲットを必要とするモデル、ヒト化モデル、点突然変異マウス、KO−firstモデルなどのような複雑なコンディショナルノックアウト/ノックインモデルを構築することができる。しかも、サイヤジェン株式会社はESターゲット改良版TurboKnockout® 技術を発売でき、特許もなく、完全にオリジナル技術です。そのため、動物モデルの知的財産権問題に関心を持ち研究者には、TurboKnockout® 技術が推奨されています。

 

要約すると、2つの技術はそれぞれ優劣があり、構築周期、コストの高さ、ターゲットの脱のなど、フラグメントの大きさ、操作の難易度、特許権問題などから総合的に考慮し、自分に最も適する技術を選択し、遺伝子組換えマウスモデルを構築すると提案可能です。何か良いと迷っている研究者に対し、ぜひ弊社にご協力させていただきます。

 

サイヤジェン株式会社について

サイヤジェン株式会社は15年間の発展を経て、すでに全世界の数万人の科学研究者にサービスを提供しており、製品と技術はすでに直接にCNS (Cell、Nature、Science)の定期刊を含む3,600余りの学術論文に応用されている。サイヤジェン株式会社“ノックアウトマウスライブラリ”は低価格だけでなく、Nlrp、Mettl、Nrf、Sirt、Tlr、Pten、Fto、Parkなど研究に盛んな遺伝子を約90%カバーし、16,000種類以上のKO/cKO系統マウスを2週間の最短納期で提供しております、「遺伝子ID」を検索すれば、ワンクリック注文まで操作完了です。 

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan) 
アジア営業部 
TEL:03-6304-1096 
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    内容は必要です