マウスモデルカタログ

コロナウイルス特集まとめ:コロナウイルスについて、ここで知っておきたいことまとめてみました

 

2020年3月11日、世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルスが世界的な大流行に入り、疫病が拡大してきたことを発表した。世界中の国々がこのウイルスとの戦いを始まった。早期の予防と制御及び治療から大量の貴重な経験と教訓を学べた。彼を知り己を知れば,百戦殆うからず。COVID-19を防御し治療するには、その構造と感染免疫仕組みについて深く理解する必要がある。

 

新型コロナウイルスの感染と免疫の仕組みにつき解読  

 

疫病が発生してから、サイヤジェン株式会社のメンバーはコロナウイルスに関する研究と標的を深く調べて、研究者の課題に精一杯尽力させていただきます。

 

1、コロナウイルスの人気標的ACE2

アンジオテンシン変換酵素2(ACE 2)はSARS-covの機能受容体とSARS-CoV-2の有効受容体と鑑定された。その機能探究は特に重要である。しかし、SARS-CoV-2ウイルスが宿主細胞に侵入する共犯者とする以外、ACE2は他に重要な役割を演じている。

 

新型コロナウイルスに関連したACE2は一体どんなものでしょうか?

 

2、コロナウイルスを研究するには、人気のACE2以外に、これらの標的にも注目すべきである

大量の研究によると、ACE2は新冠ウイルスが人体に侵入する唯一のルートではなく、他の要素も新型コロナウイルスが宿主に侵入する時に重要な役割を果たしている。

 

新型コロナウイルスの研究には、ACE2標的を以外に、他のどのような標的に注目すべか? 

 

マウスモデル 標的がウイルス感染中の役割
DPP4
(Dipeptidyl peptidase-4)
ノックアウトマウス
cKOマウス
ヒト化マウス
  • DPP4はコロナウイルス受容体のエキソペプチダーゼである;
  • MERS-CoV S1は人類DPP4と直接に特異性結合し、中東呼吸器症候群をもたらす;
  • MERS-CoV RBD結合の構造特性はウイルスと受容体の相互作用の理解を促進するので、宿主受容体のSARS-CoV-2感染についての研究に重要な指導意義を持っているかもしれない。
APN
(Aminopeptidase N)
ノックアウトマウス
cKOマウス
ヒト化マウス
  • APNはHCoV-229Eコロナウイルス感染と関わる。
  • 宿主受容体のSARS-CoV-2感染についての研究に重要な役割を持っているかもしれない。
TMPRSS2
(Transmembrane Serine Protease 2)
ノックアウトマウス
cKOマウス
  • 膜貫通プロテアーゼTMPRSS2はACE2とSARS-CoV-2との膜融合過程に参与する。
  • 高病原性の人類コロナウイルスのシナプスタンパクを活性化することができる。
ADAM17
(ADAM Metallopeptidase Domain 17)
  • SARS SタンパクとACE2との結合はADAM17のACE2に対する切断を触発する。ACE2の血管内皮細胞への脱落を促し、SARS-CoVの細胞への侵入を促進する。
  • ACE2結合について、ADAM17とTMPRSS2とは競争関係を持っている。
LY6E
(Lymphocyte Antigen 6 Complex, Locus E)
cKOマウス
  • ウイルス感染の調節に参与する。
  • 免疫応答を含む細胞信号転換を調節できるので、ウイルス感染の予防に重要である。
  • LY6Eはspikeタンパクが介する膜融合を阻害して、ウイルスの細胞への侵入を抑制する。
SIGN (CD209L)
(Cluster of Differentiation 209)
  • L-SIGNの同型接合性はSARS感染期間で機体保護作用を発揮する。
  • SARS-CoVはSタンパクのハイマンナンを通じて細胞膜のCD209Lと結合して、ウイルスの細胞への侵入を介する。
CD147
(Cluster of Differentiation 147)
  • SARSの研究で既に証明したが、CD147はSARS-CoVの細胞への侵入を促進する。
  • CD147はSARS-CoV-2 Spikeタンパクの宿主受容体として、ウイルスと細胞の相互作用に参与して、ウイルスの細胞への侵入を促進するかもしれない。
  • CD147は抗ウイルス薬開発の新しい対象とすることができる。
DHODH
(Dihydroorotate Dehydrogenase)
cKOマウス
  • ジヒドロ乳酸デヒドロゲナーゼ(DHODH)の新型有効抑制剤はRNAウイルスに対して、普遍的な抗ウイルス感染の特徴を持っている。
  • RNAウイルスはDHODHの活性にもっと敏感かもしれない。DHODHはRNAウイルス複製過程に重要な役割を果たす。

 

以上紹介した標的の以外、他のコロナウイルス研究についての遺伝子情報提供いただければ、弊社の評価でき、今後注文には特別価格で提供いたします。

 

3、どのように適切なコロナウイルスモデルを選ぶか

今回の新型コロナにつき、人類病原性ウイルスによる感染症は依然として世界の公衆衛生安全と経済発展の大きな脅威であることを改めて教えてくれた。绝えず努力してウイルス感染症の発病仕組みを研究し、ウイルス感染の伝播を予防し、特異性ワクチンと抗ウイルスの薬物の新しい策略を開発することは、まだ当面の生物医薬研究領域で非常に関心を持つ研究領域である。

 

遺伝的背景が明確な近交系マウス、細胞/組織移植のヒト化マウス、遺伝子組換えマウスなどのモデルを応用することは、ウイルス発病仕組みの研究に役立つだけでなく、感染性疾患の発展における特異性遺伝子の役割を解明することにも役立つ。また、さまざまなウイルス感染症の予防と治療の潜在標的を探すのに、効果的で実用的な体内実験動物を提供致します。

 

核酸でもアミノ酸配列の比較分析でも、SARS-CoV-2とSARS-CoVの類似性が非常に高い(それぞれ80%と76%)ことを証明した。SARS-CoV-2も細胞表面のACE2受容体を通じて宿主と相互作用し、SARS-CoV感染と似た(完全に同じではないが)厳重な急性気道困難症候群などの臨床表現を引き起こした。この2つのウイルスが似たので、SARS-CoVに関する研究は、今のSARS-CoV-2研究のために重要な参考になるかもしれない。

 

まとめ

ウイルスの研究の道は長いである。人類が微生物との戦いの中で、私達は前に歩く、高いところに立って、相手をより透徹できる。人類文明は科学技術の途切れない探求が必要ある、更に価値になる。

 

新型コロナウイルス関連の標的遺伝子につき、それとも他の細胞の要素に関しても、サイヤジェン株式会社はノックアウト、ノックイン、コンディショナルノックアウト、点突然変異、またはヒト化マウスモデルを提供し、研究への突破な進展を取得するために精一杯尽力させていただきます。少しでもご興味がございましたら、お気軽にご連絡頂ければ幸いです。

 

 

サイヤジェン株式会社について

サイヤジェン株式会社は14年間の発展を経て、すでに全世界の数万人の科学研究者にサービスを提供しており、製品と技術はすでに直接にCNS (Cell、Nature、Science)の定期刊を含む4,300余りの学術論文に応用されています。弊社のノックアウトマウスライブラリ」は低価格だけでなく、「遺伝子ID」を検索すれば、ワンクリックで注文まで操作できます。 ノックアウトマウスノックインマウスコンディショナルノックアウトマウスCRISPR Cas9 ノックアウトマウスのカスタマイズサービスを提供する以外、サイヤジェン株式会社は専門的な手術疾患モデルチームがあり、多種の複雑な小動物手術疾患モデルを提供できます。国際レベルで無菌マウス技術プラットフォームは無菌マウス、無菌動物カスタマイズサービス、微生物移植サービスなどの無菌動物モデルに基づいた各種製品とサービスを提供でき、サイヤジェン株式会社の成熟で安定なトランスジェニックマウスプラットフォームと結合し、遺伝子とフローラの相互作用機序を研究することもできます。

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan) 
アジア営業部 
TEL:03-6304-1096 
Email: service@cyagen.jp
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    私たちについて必要

    *

    内容は必要です