• お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

5/6腎摘除慢性腎不全マウスモデル

シェア Facebook Twitter Line
2021年3月02日

慢性腎不全(chronicrenalfailure, CRF)とは、各種の腎臓病により、腎臓機能が漸進性で不可逆性に減退し、機能喪失に至るまで出現する一連の症状と代謝の乱れからなる臨床症候群のことで、慢性腎不全と略称される。心血管病変を併発するのはCRFの高死亡率の主な病因である。慢性腎不全動物モデルの作製はCRFの発病メカニズム、組織形態の変化と生態指標及び臨床表現の相互関係の研究に役立ち、有効な薬物を選別し、治療効果のメカニズムを解明する重要な媒介である。

 

CRF動物モデルを作製する方法は多くある。5/6腎摘除、腎皮質電気焼灼、凍結技術、アデニンなどが含まれる。その中で応用が広く、使いやすいのは5/6腎摘除である。5/6腎摘除手術後の残留腎臓はCRFが残した腎臓の単位を良く模擬し、CRF治療と診断実験に広く応用されている。

 

1. 作製原理

マウスの5/6腎摘除後、残った腎単位に高灌流、高濾過と高圧力が現れ、さらに糸球体硬化と残留腎単位のさらなる破壊をもたらし、糸球体肥大、硬化などを主な特徴とする慢性腎不全の腎臓間質繊維化病変が現れる。

 

2. 手術方法

左腎2/3摘除、右腎全摘除により、5/6腎摘除マウスモデルを作製する。

手術方法

 

3. テスト指標

血清尿素窒素(Bun)、血清クレアチニン(Scr)

図2.ダミー手術組(Sham)に比べ、モデル組(CKD)のマウス血清でのBun、Scr濃度が著しく上昇した

図2. ダミー手術組(Sham)に比べ、モデル組(CKD)のマウス血清でのBun、Scr濃度が著しく上昇した

 

手術モデル精選事例

ラットマウスの大動脈弓狭窄(TAC)による心筋肥厚と慢性心不全モデル

マウスの急性膵炎モデル

 

サイヤジェン株式会社の小動物手術疾患モデルプラットフォーム

100+種の手術モデル作製サービス及び付帯の分析サービスを提供できます。

心脳血管系の手術モデル

神経系

消化器系手術モデル

腫瘍細胞または組織接種術

骨髄または細胞移植術

血管カテーテル手術

動物薬物投入やウイルス、プラスミド注射

……

 

実験の「重複可能性」をサービス基準とする

実験の「重複可能性」をゴールドスタンダードとして、技術グループに大量の手術モデルの操作訓練を行い、各モデルの複数のロット間のデータの安定性を確保します。

 

ワンストップモードの動物技術サービスプラットフォームは、カスタマイズ作製、飼育繁殖と表現型分析をカバーしています。

伝統的な動物モデルのカスタマイズ作製、飼育繁殖サービスの他に、サイヤジェン株式会社は心血管、腫瘍、免疫、代謝、神経などの分野をカバーする標準化の表現型分析サービスを提供します。ニーズを受けてデータを出し、その間のモデル作製、繁殖、手術、表現型分析等の操作は全部弊社に任せ、誠心誠意にワンストップサービスを提供します。

 

AAALACとISO9001:2015ダブル認証取得、飼育保管環境は世界的な同じ基準を満たす

実験動物の品質は実験動物の成長繁殖、精神状態、生理生化学指標、関連研究結果及び輸出入などに重要な影響を与えています。サイヤジェン株式会社はAAALACとISO9001:2015品質基準を採用し、実験動物と飼育環境に高標準の品質管理を行い、微生物学、寄生虫学、病理学などの面から施設内の実験動物を全面的に監視し、リアルタイムで分析し、実験動物の健康と福祉を確保します。

 

専門的な技術サポート

サイヤジェン株式会社の小動物外科手術チームは多種のモデル作製を熟練にマスターし、複雑及び複合の手術疾患モデルを作る能力を備えています。ご需要に応じて、合理的な実験計画を立てることができます。同時に適時なプロジェクト報告とアフターサービスを提供します。

 

サイヤジェン株式会社について

サイヤジェン株式会社は15年間の発展を経て、全世界の数万人の科学研究者にサービスを提供しており、製品と技術は直接にCNS (Cell、Nature、Science)の定期刊を含む5,200余りの学術論文に応用されています。弊社の「ノックアウトマウスライブラリ」は低価格だけでなく、遺伝子名称を入力すれば、ワンクリックで注文まで操作できます。 ノックアウトマウスノックインマウスコンディショナルノックアウトマウストランスジェニックマウスGFPマウス免疫不全マウス無菌マウスなどのカスタマイズサービスを提供する以外、専門的な手術疾患モデルチームがあり、多種の複雑な小動物手術疾患モデルも提供できます。

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan) 
アジア営業部 
TEL:03-6304-1096 
Email: service@cyagen.jp
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

お問合せフォーム
通常1〜2営業日以内でご回答いたします。
マウスモデルカタログ