アルツハイマー病(Alzheimer's Disease)関連遺伝子の解析

アルツハイマー病(Alzheimer's Disease,AD)は、不可逆的な進行性の脳疾患で、記憶や思考能力が徐々に障害され、最終的には日常生活の最も単純な作業を行う能力さえも失われる病気である。(Source:アルツハイマー病情報サイト/Alzheimer’s Disease Information Japan

アルツハイマー病(AD)の初期の主要な病巣は一般的に海馬と前頭側頭葉の錐体ニューロンから発生し、記憶喪失の症状を表現して、最近の出来事をすぐ忘れがちである。これと同時に集中困難であり、ひいては数分前の対話内容さえ忘れてしまう。神経変性疾患の中で、ADの罹病率が最も高く、10万人あたり約1200人が病気にかかっており、もし65歳以上の高齢者に絞った場合、その発病率は10%を超える。発病率第2位はPDであり、全年齢層での発病率は約0.3%である。

現在すべての神経変性疾患において、対応できる特効薬や治療法などがまだなく、例え病気の進行を遅らせる医薬品でも非常に少ない。本日ご紹介するのはアルツハイマー病の原因遺伝子です。

 

1. APP(Amyloid Precursor Protein)

アミロイド前駆体タンパク質(APP)の主な生理機能は完全に研究されていないが、その突然変異のいくつかは、Aβ産生の増加につながるか、あるいはAβが凝集しやすくなる。

 

2. PSEN1(Presenilin 1)

家族性アルツハイマー病に関する遺伝子である。この遺伝子のいくつかの突然変異は、より毒性のあるAβフラグメントの発生をもたらす。この遺伝子がコードするタンパク質はγカット酵素の活性部分である。このタンパク複合体はNotch受容体のせん断に参与する。PSEN1は海馬椎体神経炎のシナプス伝達物質の放出に参与する。

 

3. APOE(Apolipoprotein E)

この遺伝子はアポリポ蛋白Eをコードし、乳状脂粒を輸送する。それは特定の肝臓と外周細胞受容体と結合し、トリグリセリドをたくさん含んだリボ蛋白成分の正常分解代謝に非常に重要である。この遺伝子の突然変異は家族性リポタンパク質血症またはIII型高脂タンパク質血症(HLP III)を引き起こす。アテローム性動脈硬化とアルツハイマー病もこの遺伝子の多形性と密接に関係している。

 

4. TREM2(Triggering Receptor Expressed On Myeloid Cells 2)

この遺伝子はミエロイド性細胞発生受容体2をコードする。このタンパク質は一種の膜貫通タンパク質であり、脳の中で小膠細胞から発生し、主に小膠細胞の生存と活性化を調節する。那須・ハコラ病(Nas-Hakola Disease、NHD)、アルツハイマー病(Alzheimer Disease、AD)、および前頭側頭型認知症(FTD)などの病気と関連している。この遺伝子の突然変異はアルツハイマー病の発症確率を正常の3倍に高める。

 

サイヤジェン株式会社のマウスモデル

在庫状況

カスタマイズ

精子バンク

生体

APPノックアウトマウス

√ 

APPコンディショナルノックアウトマウス

 

PSEN1ノックアウトマウス

 

PSEN1コンディショナルノックアウトマウス

 

APOEノックアウトマウス

√ 

APOEコンディショナルノックアウトマウス

 

TREM2ノックアウトマウス

√ 

TREM2コンディショナルノックアウトマウス

 

備考: √マークはこの状態の製品をサイヤジェンノックアウトマウスライブラリで保存していることを示している

 

Cyagenノックアウトマウスライブラリ情報をぜひアクセスしてください。

遺伝子名称を入力すると、弊社の在庫情報と見積もりが入手できます。

 

 

動物モデルを使用して神経変性疾患の研究を推進する

サイヤジェン株式会社は、長年生物学分野に深く取り組んでいるので、神経疾患特には神経変性疾患方面の研究で豊富な経験を積みました。当該ガイドブックは、科学研究の観点から一般的な神経変性疾患の典型的な研究手法の説明を趣旨としています。我々はこれらの典型的な研究手法に基づいて、便利なワンストップ式科学研究サービスをお客様に提供します。概要は以下のように:

1. 主な神経変性疾患の種類

2. 神経変性疾患の一般的研究方法

  • 良くある神経変性疾患とそのモデル
  • 遺伝子編集と疾患動物モデル
  • 神経変性疾患におけるマウスとヒトの年齢の関係
  • 神経科学研究で最も一般的に使用される表現型分析法

3. サイヤジェン株式会社は神経変性疾患の研究を助力します

>> こちらから全文を閲覧

 

サイヤジェン株式会社の専門的な動物モデルサービス

15年間の発展を経て、サイヤジェン株式会社の成熟で安定した革新的な薬物研究開発プラットフォームは、沢山の神経科学研究者様のために何千例もの遺伝子ノックアウトベクター、遺伝子ノックアウト細胞モデル、遺伝子ノックアウトラットおよびマウスモデルを構築し、モデルのカスタマイズ、ベクターパッケージング注入、行動実験、病理学的マーカー検出、およびメカニズム探索のワンストップサービスの提供に努めてきました。関連記事はNeuron、Nature Neuroscience、Journal of Neuroscienceなどの神経生物学専門ジャーナルに掲載されています。

神経科学研究の研究に携わっているなら、若しくは神経変性疾患にご興味を持っているなら、サイヤジェンのエキスパートは高品質な技術サポートを提供し、神経科学研究の最前線技術、学術焦点、応用難点を共同して検討し、研究方案の制定と高得点論文の発表に助力致します。

>> お気軽にお問い合わせください

 

最新の販売促進キャンペーン:

CRISPR KIと点突然変異マウス - 先着5名、最大20%OFF

無類のBRGSF重度免疫不全マウス - 健全な補体系の機能、完全なヒト骨髄系細胞の分化

生体KO&cKOマウスのフラッシュセールを開催しており、スピード出荷

サイヤジェン株式会社の「希少疾患遺伝子に対する行動計画」への申し込むにつき

 

サイヤジェン株式会社について

サイヤジェン株式会社は15年間の発展を経て、すでに全世界の数万人の科学研究者にサービスを提供しており、製品と技術はすでに直接にCNS (Cell、Nature、Science)の定期刊を含む4,800余りの学術論文に応用されています。弊社の「ノックアウトマウスライブラリ」は低価格だけでなく、「遺伝子ID」を検索すれば、ワンクリックで注文まで操作できます。 ノックアウトマウスノックインマウスコンディショナルノックアウトマウスCRISPR Cas9 ノックアウトマウスのカスタマイズサービスを提供する以外、サイヤジェン株式会社は専門的な手術疾患モデルチームがあり、多種の複雑な小動物手術疾患モデルを提供できます。国際レベルで無菌マウス技術プラットフォームは無菌マウス、無菌動物カスタマイズサービス、微生物移植サービスなどの無菌動物モデルに基づいた各種製品とサービスを提供でき、サイヤジェン株式会社の成熟で安定なトランスジェニックマウスプラットフォームと結合し、遺伝子とフローラの相互作用機序を研究することもできます。

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan) 
アジア営業部 
TEL:03-6304-1096 
Email: service@cyagen.jp
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

 

 

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    私たちについて必要

    *

    内容は必要です

マウスモデルカタログ