コンディショナルノックアウト(cKO)マウス - 疾患のメカニズムを理解するための強力なツール

コンディショナルノックアウト(cKO)マウスは、特定の遺伝子機能および関連する人間の疾患を研究するために使用できます。従来のノックアウト(KO)マウスと比べると、条件付きノックアウトマウスによって得られた遺伝子は、特定の組織または誘導可能なベースでのみ欠失します。構成的発現の遺伝子突然変異と比べると、条件付きモデルは、遺伝子発現の時間と領域を調節するためのより多くのスペースを提供します。したがって、このモデルは、人間の疾患を研究するためのより正確なモデルです。

 

1. コンディショナルノックアウト(cKO)マウスとは何ですか?

条件付き遺伝子ノックアウト(cKO)マウスは、遺伝子組換えされた動物モデルであり、特定の遺伝子の修飾をマウスの特定種類の細胞または特定の発達段階に制限することにより、マウスゲノムの時間的および空間的な特異的修飾を実現します。研究者は、時間または組織の特異的な欠失によって特定の遺伝子の機能を理解し、それによって人間の疾患の病理学的メカニズムを研究しています。

 

2. コンディショナルノックアウト(cKO)マウスの応用

コンディショナルノックアウト(cKO)マウスは、遺伝子機能を明らかにし、人間の疾患のメカニズムを正しく理解し、化合物の特異性を検証するための重要なツールです。また、このマウスモデルは、機能タンパク質標的の遺伝子発現を正確に制御することもでき、それにより、医薬品の潜在的なオフターゲット効果を評価するためのインビボシステムを提供します。

Ralyコンディショナルノックアウトマウスを例にとります-hnRNPの肝臓特異的Raly遺伝子欠失マウスモデルでは、血清コレステロールと肝臓脂質含有量が低いです。RALY結合モードのさらなる生体ゲノムワイドマッピングとクロマチン構造の研究は、RALYの協調的相互作用と遺伝子プロモーター領域におけるその優先的結合モードのためにリファレンスを提供しています。DNA結合の結果は、RALYがSrebp2プロモーター上の転写コアクチベーター間の協調的相互作用を調節することによってコレステロール生成に影響を与える可能性があることを示しています。

 

3. コンディショナルノックアウト(cKO)マウスはどうやって構築しますか?

条件付き遺伝子ノックアウト基本的な原理は、リコンビナーゼシステム(例えば、Cre-loxP)を介した部位特異的組換え技術です。Cre-loxPシステムは、現在最も一般的に使用されているリコンビナーゼシステムの1つであり、このシステムは、組織特異的または誘導可能な遺伝子ノックアウト物を生成し、遺伝子の時間的および空間的発現を高度に制御でき、条件付きマウスの構築効率と特異性を大幅に向上させます。 

次の図は、Cre-Loxシステムのワークフローです。

 

コンディショナルノックアウトモデルの開発方法に関するより詳細な情報については、私たちの「Cre-Lox組換えシステムの概要」という記事をお読みください。 

 

4. サイヤジェンコンディショナルノックアウト(cKO)マウスの技術的利点:

TurboKnockout®の技術的利点:

  • 特許リスクなし:医薬品開発プロジェクトに最適な技術。
  • オフターゲット効果なし:複雑な遺伝子ノックアウトに対応できます。
  • 成功率:生殖細胞系列伝達(GLT)が100%保証されています。
  • サイクル:自己削除Neoでは、サービスサイクルをさらに短縮し、マウスの交配プロセスを簡素化し、最短6ヶ月で完了できます。
  • loxP部位の制限なし:固定領域のサイズ制限がありません
  • 100%返金保証

CRISPR-Proの技術的利点

  • ラージフラグメント遺伝子編集を実現できます:最大15kbの遺伝子ノックイン、最大500kbのラージフラグメントノックアウト。
  • 正確度:遺伝子組換えが正確であり、効果が安定しています。
  • 高効率:サイクルが短く、効率が高く、モザイク率が高く、生殖遺伝が安定しています。
  • 保障:100%返金保証

 

Cyagenノックアウトマウスライブラリ

16000種以上のKO/cKO系統マウス、3000種以上の生体マウス品系を所有、早くて2週間で納品

>> 遺伝子名称を入力すると、弊社の在庫情報と見積もりが入手できます。

 

On-Demand Webinar:遺伝子改変ラット・マウスモデルの作製革新技術及び応用 

遺伝子改変ラット・マウスを初期段階の際に、各種の遺伝子改変マウスの作製技術と原理についていろんな疑問を抱いているか?ES細胞ターゲティング技術とCRISPR/Cas9技術のどっちが優れているか?更にどのようにニーズに応じて適切な遺伝子改変ラット・マウスを選択するか。今回のオンライン講座で、サイヤジェン株式会社の日本エリア専門家Dr. Angel Yao(関西医科大学出身の腫瘍ウイルス学)が、遺伝子改変ラット・マウスの技術発展過程及びモデル作製方法について説明します。

>>無料でセミナーのフル動画をご覧ください

 

全世界の科学研究者様をサポートするために-厳しい予算も厳しいバイヤーとの仕事も-弊社の価格マッチング政策は良いコストパフォーマンスを保証します。ご興味をお持ちいただけましたら、03-6304-1096もしくはservice@cyagen.jpまでお問い合わせください。

 

サイヤジェン株式会社について

サイヤジェン株式会社は15年間の発展を経て、すでに全世界の数万人の科学研究者にサービスを提供しており、製品と技術はすでに直接にCNS (Cell、Nature、Science)の定期刊を含む4,800余りの学術論文に応用されています。弊社の「ノックアウトマウスライブラリ」は低価格だけでなく、「遺伝子ID」を検索すれば、ワンクリックで注文まで操作できます。 ノックアウトマウスノックインマウスコンディショナルノックアウトマウスCRISPR Cas9 ノックアウトマウスのカスタマイズサービスを提供する以外、サイヤジェン株式会社は専門的な手術疾患モデルチームがあり、多種の複雑な小動物手術疾患モデルを提供できます。国際レベルで無菌マウス技術プラットフォームは無菌マウス、無菌動物カスタマイズサービス、微生物移植サービスなどの無菌動物モデルに基づいた各種製品とサービスを提供でき、サイヤジェン株式会社の成熟で安定なトランスジェニックマウスプラットフォームと結合し、遺伝子とフローラの相互作用機序を研究することもできます。

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan) 
アジア営業部 
TEL:03-6304-1096 
Email: service@cyagen.jp
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    私たちについて必要

    *

    内容は必要です

マウスモデルカタログ