マウスモデルカタログ

サイヤジェン2020 マウスモデルに関する文献

2020年1月から2020年9月まで、サイヤジェン株式会社の動物モデルが100回以上引用され、多くの研究領域において大きな進歩を遂げています。研究者様が各種マウスモデル、人気遺伝子、モデル学の研究応用などの最新動向を把握させるために、弊社が最新技術のHPサイト内で一連のインパクトファクター(IF)の高い文章を精選しました。

 

下表は遺伝子改変マウスモデルが一連のヒト疾患研究における応用を示しています。粥状動脈硬化、炎症性疾患、心血管疾患、腫瘍学、代謝とウイルス学が含まれています。

 

精選したインパクトファクター文章のまとめ - 2020

モデル種類 研究応用 標的遺伝子 文章タイトル ジャーナル

条件付き点突然変異(cPM)マウス
(TurboKnockout®)

心臓病学、
遺伝子治療

Lmna

Vascular endothelium–targeted
Sirt7 gene therapy rejuvenates
blood vessels and extends life
span in a Hutchinson-Gilford
progeria model

Science Advances
DOI: 10.1126/sciadv.aay5556
(2020)

ノックアウト(KO)マウス
(TurboKnockout®)
神経病学、
エージング
Gm31629 Reducing Hypothalamic Stem
Cell Senescence Protects against
Aging-Associated Physiological
Decline.
Cell Metabolism
PMID: 32004475
コンディショナル
ノックアウト(cKO)マウス
(TurboKnockout®)
肝臓脂肪変性、
インスリン抵抗性、炎症
TMEM16A Hepatocyte TMEM16A Deletion
Retards NAFLD Progression by
Ameliorating Hepatic Glucose
Metabolic Disorder
Advanced Science
DOI: 10.1002/advs.2
CRISPR-mediated
ノックアウト(KO)マウス
免疫学、
炎症性疾患
Drd5 Dopamine Uses the
DRD5-ARRB2-PP2A Signaling
Axis to Block the
TRAF6-Mediated NF-κB Pathway
and Suppress Systemic
Inflammation.
Molecular Cell
PMID: 3203503
点突然変異マウス 免疫学 Pde6b rd1 MAdCAM-1 mediates retinal
neuron degeneration in
experimental colitis through
recruiting gut-homing CD4+ T cells
Mucosal Immunology
DOI: 10.1038/s41385-020-0282-x
PNI-based
トランスジェニックマウス
皮膚炎症、
免疫学
IL36r Keratinocyte interleukin-36
receptor expression orchestrates
psoriasiform inflammation in
mice
Life Science Alliance
PMID: 32086318
ヒト化マウス
(PNI-based TG)
心臓病学 Human CRP C-reactive protein derived from
perivascular adipose tissue
accelerates injury-induced
neointimal hyperplasia.
ournal of Translational Medicine
DOI: 10.1186/s12967-020-02226-x
CRISPR-mediated
ノックアウト(KO)ラット
神経学 DPYSL2 DPYSL2 Is a Novel Regulator for
Neural Stem Cell Differentiation
in Rats: Revealed by Panax
Notoginseng Saponin
Administration
Stem Cell Research & Therapy
DOI: 10.1186/s13287-020-01652-4
ノックアウト(KO)ラット 腫瘍学 Sdhb A xenograft and cell line model
of SDH-deficient
pheochromocytoma derived
from Sdhb+/- rats.
Endocrine-Related Cancer
PMID: 32252027

 

詳細はこちら >>

 

遺伝子動物モデルは人類疾患の機制を正確に理解するのに非常に重要であり、各研究分野で重要な役割を果たしています。2005年起業して以来、サイヤジェン株式会社は既に4,000以上の出版物に引用されました —— これらの出版物は全部参考資料として使用することができます。

 

弊社の技術や弊社がどのようにご研究をさらにサポートするかについてご興味をお持ちいただけましたら、お気軽に03-6304-1096service@cyagen.jpまでご連絡ください。専属の動物モデルエキスパートが研究者様のために全力サポート致します。

 

最新の販売促進キャンペーン:

 

サイヤジェン株式会社について

サイヤジェン株式会社は15年間の発展を経て、すでに全世界の数万人の科学研究者にサービスを提供しており、製品と技術はすでに直接にCNS (Cell、Nature、Science)の定期刊を含む4,300余りの学術論文に応用されています。弊社のノックアウトマウスライブラリ」は低価格だけでなく、「遺伝子ID」を検索すれば、ワンクリックで注文まで操作できます。 ノックアウトマウスノックインマウスコンディショナルノックアウトマウスCRISPR Cas9 ノックアウトマウスのカスタマイズサービスを提供する以外、サイヤジェン株式会社は専門的な手術疾患モデルチームがあり、多種の複雑な小動物手術疾患モデルを提供できます。国際レベルで無菌マウス技術プラットフォームは無菌マウス、無菌動物カスタマイズサービス、微生物移植サービスなどの無菌動物モデルに基づいた各種製品とサービスを提供でき、サイヤジェン株式会社の成熟で安定なトランスジェニックマウスプラットフォームと結合し、遺伝子とフローラの相互作用機序を研究することもできます。

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan) 
アジア営業部 
TEL:03-6304-1096 
Email: service@cyagen.jp
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    私たちについて必要

    *

    内容は必要です